<< 半年です | main | 年末年始の過ごし方 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.05 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


禁煙川柳

皆さんこんにちは
鹿嶋潮騒ダルクのブログ担当・ラーズです

今朝、朝の出勤時に車内で第一回ニコレット禁煙川柳コンテスト
話題をラジオで聞きました。面白いですね
禁煙に苦しむ人達の悲哀が聞こえてくるようです。 ラーズも他人事じゃないですね
ラーズは相変わらず吸い続けていますけど(笑

そんな話題を聞く前日、禁煙つながりでこんなニュースも読みました
「禁煙セラピー」のアレン・カー氏死去
−以下記事抜粋−
アレン・カー氏(英禁煙活動家)29日、肺がんのため
スペイン南部マラガ付近の自宅で死去、72歳。
>ロンドン出身。1日に100本吸っていたヘビースモーカーの会計士だったが、
>83年に禁煙に成功。世界30カ国以上に、70を上回る禁煙クリニックを開設すると
>ともに、自らの体験を基に日本でもベストセラーとなった「禁煙セラピー」など
>多数の本を出版、2500万人以上を禁煙に導いたとされる。
>今年夏、肺がんと診断された。
>[2006年11月30日3時59分]


禁煙のバイブルとまで呼ばれた「禁煙セラピー」の著者が、肺がんが死因で
お亡くなりになるとは・・・この記事の反応はネットでも様々です
曰く、喫煙者へのカウンセリング中の副流煙のせいではないか?(カウンセリング中も
吸っているのかは不明ですが)23年前の喫煙の影響が出たのではないか?
癌の発症と喫煙の相関関係は希薄なのか? などなど

氏は生前に「禁煙しなければ私は20年前に死んでいた」と語っていたとの事ですが
それは「風が吹けば桶屋が儲かる」ならぬ「風が吹いたから桶屋が儲かったのだろう」
的な結果論ですよね?
まぁ、死因の因果が何にせよ23年前に禁煙して遺著を遺した事で、沢山の人に喜ばれて
感謝された生き様は凄い事だとラーズは思いました
虎は死んで皮残す。ラーズはもしも今、死んでも何も遺せません(笑
今日はこの辺で

スポンサーサイト

  • 2016.10.05 Wednesday
  • -
  • 11:03
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして。
わたしも『禁煙セラピー』でたばこをやめられたひとです。
肺がんによる死は、アレン・カー氏の最期のメッセージかなって。社会的使命をまっとうして逝かれたと考えています。
鹿嶋潮騒ダルクさま・ラーズさまも、とても意義あるサポートをなさっておられるのですね。
トラックバックをさせていただいておりますm(_ _)m
ご挨拶までですが失礼いたします。
拙サイトにもよろしければいらしてくださいね。
はじめまして!コメントありがとうございます
禁煙セラピーを読んで禁煙されたという事で著者は沢山の人に影響を与えたんだなぁと再認識しますね

鹿嶋潮騒ダルクは意義ある活動をなさっているのは確実ですが、ラーズは役に立っていません(笑
足を引っ張っていますよ!
禁煙セラピーの作者の様に、少しでも役に立って行きたいですね
  • ラーズ
  • 2006/12/01 4:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
禁煙セラピー
 ご自身がヘビースモーカーだった経験を活かして、禁煙活動家として活躍してこられた方だったわけだけれど、「ヘビースモーキングしていると、やめたって肺がんで命を落とすことになるんだよ」というメッセージを残すことになった……って考えると、最期の最期まで、ご
  • フリーターから起業した女性経営者、パニック障害になる。+うつ病・PTSD
  • 2006/12/01 2:59 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
オススメDVD
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM