<< 薬物依存症の方へインタビュー その5 | main | 回復プログラム更新です >>

スポンサーサイト

  • 2018.07.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


薬物依存症の方へインタビュー その6

皆さんこんにちは
鹿嶋潮騒ダルクのブログ担当・ラーズです

ワールドカップサッカーの日本×ブラジル戦、ラーズは前半終了まで見て
何時の間にか寝てしまいました・・・1点リードした時はドキドキでしたね
起きて結果を見て残念でした。まぁ仕方ないです
選手の皆様、観戦していた皆様はお疲れ様でした

それと昨日の記事ですが、Yahooの写真ニュースで中国の虎の赤ちゃんが
犬のお母さんにお乳を貰っているニュースがありました
虎は満足そうですが、犬のお母さんが迷惑そうな顔なのが可愛い写真でした
しかし虎のお母さんの代わりに犬って・・・中国って大雑把な国ですよね(笑

さて、今日は薬物依存症の方へのインタビュー その6です
Rさんの退院とその後についてお聞きしていきます

−Rさんは半年弱の入院だったそうですが、入院期間って決まりがあるんですか?
例えば最低3ヶ月とか、半年とか
特に決められた期間は無いですよ
普通の病気で入院するのと同じです。症状次第で退院が決まります

−それはそうですね。長い入院の人も居るんですか?
居ますね・・・
可哀想ですが何年もずーっと入ってる人もいます。お年寄りだったりすると余計
お気の毒でしたね、アルコール依存症の70歳のおばあさんとか・・・

−うーん、それはお気の毒ですね

−退院後はどうされたんですか?
退院後は地元には戻らず、今でも病院の近くに住んでいます
−地元には帰らずに病院の近くを選んだのは何故ですか?
それは当然、環境を変えないと薬物を再使用してしまいますからね
意外にそういった人(患者さん)は多いんですよ

−アパートか何か借りて?費用とか大丈夫だったんですか?
入院前はボロボロの状態でしたから、当然お金が全く無くて
アパート代は両親に頼りました。両親には本当に迷惑掛けたと思います
今では仕事もしていますから、少しずつでも両親に恩返しをして行きたいと
思っています

−仕事はすぐに見つかったんですか?
贅沢言っていられないですからね。どんな仕事もやりましたよ
−現在は薬物依存症治療の何らかのプログラムを受けているんですか?
退院した後はダルクに入寮する人も居ますが、私はダルクには入寮せず
NAのミーティングに参加しています


今日はこの辺で
Rさんへのインタビュー編はもうすぐ終わりです

スポンサーサイト

  • 2018.07.01 Sunday
  • -
  • 12:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM